冬の楽しみ

 

クルミの葉痕

 

暖かい冬の日が続いていましたけれど
高尾山もここのところ
冬らしい寒い日が続いています。

広葉樹は葉を落としていて
冬の澄んだ空気の中
森が遠くまで見通せます。

だから、野鳥たちの観察には
冬がいちばん。

あと日没後30分きっかりに
巣穴から出てくる
ムササビの観察も、葉の少ない
冬の時期がおすすめ。

幹をワイルドに登って滑空する
ムササビが丸見えです。

そして今の葉が落ちている時期、
葉を落とした木の枝の
葉がついていた部分も
よく見ると面白いです。

写真は、クルミの葉痕(ようこん)。

羊の顔のような、小人の顔のような。

目や鼻に見える部分は
葉っぱと茎を結ぶ、
水分や栄養の通り道だったところ。

ルーペ(虫メガネ)で見ると
ひとつひとつが味わい深く

かわいくておかしくて、
見飽きません。

 

クルミ葉痕2

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

雪化粧