高尾山リトリート体験記

冬のカツラ林と青空



昨年6月にスタートした「高尾山リトリート」。
高尾山リトリートって何? どんなことするの?
という方も多いと思うので、参考までに
高尾食堂あめとつちの店主Kさんの体験談を
紹介させていただきます。

なお、この回のメニューは
「あめとつちと高尾山リトリート」のコラボイベントだったので、
時間や順番などは通常の高尾山リトリートとは異なります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Tokyo高尾山リトリートを体験しました

高尾山でネイチャーガイドとボディーワークを
合わせた『Tokyo高尾山リトリート』を主催している
剛(たけし)さんに、朝の10時から16時まで
たっぷりとお世話になりました。
.
ネイチャーガイドというもの自体も
実際にはあまりよくわからず、
それとボディーワーク??
というハテナマークだらけで始まった会でしたが、

一日中、自分の身体と心と自然と向き合い、
ものすごい盛りだくさんの体験を
たっぷりさせて頂きました。
.
季節によっても、そして体験する人や
その人の状態や気持ちにまで合わせて
ナビゲートしてくれるのですが、

今日のメニューは
◯2時間たっぷり身体中をほぐして、
 ゆるめて、自分の身体を知り、
 深い呼吸ができるようになるボディーワーク
  (剛さんは太極拳の講師や、整体の先生でもあります)
◯あめとつちのお弁当を食べる
◯日影沢に行ってゆっくり自然観察しながら
 植物について学び、湧き水を汲みに行く
◯山の中で湧き水コーヒーとおやつを食べる
.
という内容でした。
剛さん、様々な知識がすごく深い方で、
筋肉の事、身体の歪みがあればそこに焦点を当てて
ボディーワークしてくれたり、

腰や背骨に空気を流したり。
太極拳をやっているので、筋肉の使い方が
反対というか、緩めながら鍛えるというか…
目から鱗でした!

それだけでもとっても濃い内容だったのですが、
山では足もとの小さな植物から、大きな樹まで、
どんな植物があってどの様な役割を果たしているのか。
どの様に自然が循環しているのかなど、
個性豊かな植物たちを紹介してもらいました。

昔から植物には興味があり、知りたいけど、
本を見てもどれが何だかわからないし…
と思っていましたが、

足もとにあったモノクロの世界に
一気に色がついたような、
新たな世界の広がりを感じました。
こんな身近に、こんな世界が広がっていたなんて…!
という驚きと喜び。
.
もう今日はたくさんの発見があり過ぎて、
刺激的過ぎました! でも剛さんは、
急がず、焦らず、じっくり私たちに付き合ってくれて、
身体の動く方へ、心の動く方へ導いてくれます。
.
いつも変わらずにそこにいてくれる高尾山ですが、
違う角度から見てみたい方は是非参加して欲しいです!
.
大満喫過ぎる1日でした。

あめとつちでボディーワーク

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

親子ツアー