冬の楽しみ

ネイチャー採集ケース



冬の高尾山のフィールドトリップでは
冬の季節にしかない楽しみがあります。

例えば落ち葉の絨毯。
たくさんの種類の樹木の落ち葉が
敷き詰められているのは

1500種類も植物のある高尾山ならではで、
よく見ればきれいだったり面白かったり。

ムササビが食べたアカガシの葉やスギの実、
リスやアカネズミが食べたクルミの殻
(リスはぱかっと割って食べ、
アカネズミは穴をあけて食べる)
などが地面に落ちていたりします。
まるで宝さがしみたいで楽しい。

落葉樹は葉を落としていますが
冬芽を見ると、樹木たちはもうちゃんと
春の準備をしていることが見てとれたり

木々の葉がないため
野鳥の観察にはベストシーズンだったり。

そしてこれは参加されてのお楽しみですが
冬ならではのあるものの峻烈な香りがあって、

色見の少ないこの季節にその香りをかぐと
一気に景色が色彩でぱっと染まるような
体験が味わえます。

そして3月頃から山の花が咲き始めますが、
冬の山を体験しておくと
春のうれしさもひとしおです。

やまいもの種

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です