北杜市稲刈り

 

北杜市田んぼはざがけ

 

よく晴れた日に山梨県北杜市の田んぼの
稲刈りを手伝ってきました。

日照時間日本一の地にある田んぼのお米は
たわわに実っていて大豊作。

自分たちの田んぼだと6株ほどをひとつかみ
できた稲が、ここでは3株が精いっぱい。
手で、実りの良さを実感した。

人の田んぼを手伝うことで
昔は、一軒の田んぼを村人みんなで
稲刈りしていき(田植えも同様)、
一軒終わると次の家の田んぼを、
ということが体験できました。

稲刈りやはざがけの仕方も少し違ったり
休憩やお昼の食べ方もまた少し違ったり、
勉強になる。そして楽しい。

驚いたしうれしかったのは、
自然農法の提唱者だった福岡正信さんが
固定した、幻の米とも呼ばれるハッピーヒル
というお米の品種に出会えたこと。

1か所1本植えで植えたという稲が
18~22本に分けつして、
お米というよりアワのような穂の
米粒の量も普通のお米の5倍はありそう。

茎も見るからに太く、2株つかむのが
やっとなくらい。
それだけ多収なのに食味も良いらしい。

種もみを分けていただけることになったので
来年は自分の田んぼでもハッピーヒルを
育ててみたい。

 

 

ハッピーヒル

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

オオバコ