大根の間引き菜

 

 

大根間引き菜

 

夏野菜がほぼ終わり、
秋冬野菜を育てている今の時期の
大切な野菜がこの大根の間引き菜。

1か所に4~5粒まいた大根の種が
芽を出し育ち、その中で育ちの良いもの、
根がまっすぐそうなもの(葉が放射状に
きれいに広がっているもの)を残して

あとの株を引き抜いて1か所1本にしていく、
その作業の副産物のようなものが間引き菜。
無肥料で育てているので葉色が薄くきれい。

これも十分おいしく食べられるし
葉の部分は、大きく育った大根葉よりも
やわらかくておいしいくらい。

味噌汁の具にしたり、厚揚げと煮てみたり
えぐみもほとんどないので生でもおいしい。

根の部分もだんだんと大きくなってくるので
そのミニ大根も楽しみ。

春には野草や山菜を、
秋には大根の間引き菜など、
季節をつなぐ「間の食べ物」も
その季節のうれしい食の主役です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

カツラの木

次の記事

オオバコ