秋のアザミ

 

アザミとイチモンジセセリ

 

今の高尾山は秋の花が咲いている。
どの花も一年振りの再会です。

アズマヤマアザミにはイチモンジセセリという
セセリチョウの仲間がとまって蜜を吸っていた。

1つのドリンクを2つのストローで
飲んでいるカップルのようでほほえましい。
(でもたぶんカップルではない)

羽の白点が一列に並んでいるから
イチモンジセセリ。
半円状に並んでいたら
チャバネセセリ。

 

高尾山のアズマヤマアザミ

 

アザミはきれいな状態の花に
なかなか出会えないけれど
咲はじめのきれいなのを見つけた。

そっくりなトネアザミとの見分け方は
萼(がく)の部分の萼片(がくへん)が
反り返っていない点。

花や木や虫の名前を覚えるのも
その花と親しくなったように感じて
楽しいけれど

似たものが見分けられるようになるのも
ちょっと楽しい。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ニラの花

次の記事

大長ナス真黒ナス