ニラの花

ニラの花

 

いま畑にはあちこちに
ニラの花が咲いています。

赤く派手に咲き誇っている
ヒガンバナの方が目立つけれど、
この小さな白い花も好い。

なぜ畑のあちこちにあるかというと
ナス科の野菜(ナスやトマトなど)
の苗を植える時にニラを一緒に
植えると病気を予防してくれるので。

こういう相性の良い野菜同士を
コンパニオンプランツといいます。
トマトとバジルとか、きゅうりとねぎとか
アブラナ科とキク科の野菜とか。

だから5月の植え付けの時に
畑のあちこちに一本また一本と
夏野菜の株元に植えられていって
それがいま花開いているというわけ。

小さな花だけど、鼻を近づけると
意外と甘く強い香りがする。
ニラ臭くない。

花もぴんと可憐できれいだけど
三角錐みたいな形をした蕾も
真っ白でかわいらしい。

ふと人も、
いま咲いている部分だけじゃなく
こんなふうに蕾を次から次へと持ったら
楽しいんじゃないかと思ったり。

わくわくする福袋みたいな蕾を。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

モロヘイヤ

次の記事

秋のアザミ