代掻き

 

高尾山の自然の話しではなくて
今回も田んぼのお話し。

田起こしの次には代掻きという作業をします。

田んぼに川からの水を入れて、
土と水を混ぜてドロドロにする作業。

細かな泥の粒子が、田んぼの底の小さな穴や
ひび割れをふさいでくれる。

それを機械じゃなくて足でします。
仲間たちの足も借りて、青空の下で
みんなでおしゃべりしながら踏み踏み。

泥遊びのようで楽しいし、
足の裏の、普段は刺激されない
土踏まずも土に踏み返されるから

足裏マッサージみたいになって
からだがポカポカになる。

こころもポカポカするというか
安心するような感じになるのは、
みんなと協力しながら何かを成すという
確かな連帯感からか。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

自然葬

次の記事

ヘビイチゴ