自然葬

自然葬の日の青空

よく晴れた週末に、
昨年亡くなった父の一周忌と納骨を
八ヶ岳南麓でしてきました。

古くからあるお寺の一角が
自然葬の区画になっていて

遺骨をガーゼのような白い生地でくるみ
土に掘った穴に直接入れて
参列者皆でスコップを使って
土をかけていきます。

一般的な、
骨壷のまま墓標へ納骨するのと違って、
これなら年月をかけて分解されて
自然の循環に還ることができる。
いい埋葬法だなあと思いました。

そんなぼくの頭の上は青空で、
気持ちのいい風が緑の木々をゆらす
そんな日の法要でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

代掻き