奇跡のスナップエンドウ

 

最近暑い日が続くのでもう忘れているけれど、
今年の冬はかなり寒かったです。

このスナップエンドウは、去年11月に種をまいて
発芽して10センチくらいで冬を越したもの。

春になってぐんぐん大きくなって、毎日たくさんの
花を咲かせ実をならせている。

冬の間で一番寒かった日はマイナス8度。
それでも凍らず(自分で凍らないように糖分をつくる)、
生き延びた。

スナップエンドウやさやえんどうは春に苗も売っているけれど、
冬を越したものと味がぜんぜん違う。

みずみずしさや甘さ、はじけるような勢いのある生命力が
冬を越したスナップエンドウにはある。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

田起こし

次の記事

自然葬